生活保護申請の条件は?分からないなら代行を依頼することもできます

サイトマップ

生活保護申請を行うためには?条件や必要な資料について

生活保護の条件に抵触しても生活保護申請が受理されるケースもある

相談する老夫婦

生活保護って色々と条件があるから生活保護申請しても受理されないかもしれない、そう思われて生活が困窮しているにも関わらず生活保護申請されない方もいます。確かに生活保護申請が受理されるには審査がありますし、条件というのも様々にあります。前提として生活保護は働き口がなくて生活していけるだけの収入が無く、売却する資産もなければ援助してくれる家族もいない場合が条件になります。ただ人によっては少ないけれども収入があったり、家や車はあるけれど売る事は出来ないという方もいらっしゃるでしょう。そうした場合には生活保護は受けられないかというと、実際にはそうではありません。例えば収入がある方の場合ですが、自活するのに十分な収入があれば別ですが、国が定める最低生活費を下回っているのであれば、差額分が生活保護費として受け取ることが出来ます。また家についてですが、持ち家で現在も住んでいるという場合については、住宅扶助分は受け取れませんが、生活扶助などのその他の生活保護費は受け取ることが出来ます。ただし、状況によっては売却を促される可能性もあります。そして車についてですが、地方のように車が無いと生活できないというような場合や、仕事ができないという場合には車があっても生活保護の対象となります。

生活保護申請の手続きは簡単?誰でも申請できる?

まず、生活保護申請を受けるには下記の流れに沿って手続きを進める必要があります。

「生活保護申請における手続きの流れ」
1.お住まいの地域を所管する福祉事務所へ行き「生活保護申請を受ける相談」をします。
2.相談後、生活保護申請をすることとなれば厚生労働省による「調査」が行われます。
調査内容は現状と今後の資産生計についてです。具体的には実地調査や資産調査、就労(将来就労の可能性)の調査等が挙げられます。
3.収入を差し引いた「保護費の支給」が行われます。

ここで生活保護申請を受けるにあたり、提出すべきものは特別必要ありません。
ただし、「生活保護申請における手続きの流れ」2.「調査」の段階で通帳の写しや給与明細の提出を要請されることがある為、資産状況が分かる資料はご用意いただく必要がございます。

以上が生活保護申請を受けるための簡単な流れとなります。特段必要な書類が要るといったことがない点においては煩わしさが無く、申請自体は簡単と言えるかもしれません。しかし誰でも申請できるかと言うことに焦点を当てると、一概にそうとは言えません。昨今耳にする「生活保護費」の不正受給に該当する可能性があります。

あくまでも生活保護申請は生活保護費を必要とする方のための制度ですので、必要な方のみ申請することが前提となります。

生活保護申請の基本知識!どうやって申請するの?

生活の困窮など、金銭面において困った場合に、国や自治体が支援してくれる制度が生活保護です。この生活保護を受給するためには、それぞれの自治体で生活保護申請をする必要があります。
ではどのように申請をすれば良いのでしょうか。基本的な知識を紹介します。
生活保護を申請する場合には、それぞれの自治体に設置されている保健福祉部と呼ばれるところに行きます。市役所には必ずこれが設置されているので、生活保護申請をする場合にはまずこちらの窓口で受付をします。地域にある支所では、受付をすることができないケースもあるので注意が必要です。また生活保護申請をスムーズに行うためには、現在どのような状況であるのかを説明する必要があります。自分を扶養してくれる人や他の公的支援を受けることができるような場合には、生活保護申請が通りにくくなります。
申請をするとその後1週間程度かけて審査が行われます。審査では担当の人が訪問をする場合もあるので、準備をしておきましょう。これらの審査が無事に通過すると、2週間程度で生活保護の許可がおり、お金が振り込まれることになります。どんなに早くてもこれぐらいの時間がかかる事は覚えておきましょう。

インフォメーション

Copyright © 2021 生活保護申請の条件は?分からないなら代行を依頼することもできます All Rights Reserved.